コンピュータシステム災害復旧の対策―ディザスターリカバリ対策の構築



RADIUS―ユーザ認証セキュリティプロトコルSE出世双六コンピュータシステム災害復旧の対策―ディザスターリカバリ対策の構築よくわかるマスター CompTIA Security+問題集 (よくわかるマスター)図解でわかる情報セキュリティ検定3級 (KGビジネスブックス)2008 テクニカルエンジニア 情報セキュリティ予想問題集 (情報処理技術者試験対策書)Nagios 2.0オープンソースではじめるシステム&ネットワーク監視図解でわかる情報セキュリティ検定1級・2級 (KGビジネスブックス)Hacking:美しき策謀―脆弱性攻撃の理論と実際情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務 (情報セキュリティライブラリ)


コンピュータシステム災害復旧の対策―ディザスターリカバリ対策の構築
コンピュータシステム災害復旧の対策―ディザスターリカバリ対策の構築

ジャンル:
セールスランク:82393 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,100 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

DRについて概要を知りたい方に

DRについての技術側面からBCPなどの対策案までを取り扱った本である。
DRについては、具体的に1冊の本として書かれてあるものは少なかった故に貴重な本でもある。
サイト間のレプリケーションやフェイルオーバー対策など技術的な側面に関しては、ちょっと古いと感じるもの、ネットベースの情報リソースでも探せるものが多いが、図解されてわかりやすく説明されているので、理解しやすい。
BCPなどのDR対策に関しての話には、もうちょっと図を載せる、分かり易い表現で記述するなどすれば、もっと良かったのでわ?と思う。
いずれにしても、ボリューム、価格ともハードルが高くないので、DRについて基本から学ぼうという人には良いと思われる。
企業の事業継続の進め方について本質を突いた良書

現代社会はコンピュータシステムに支えられているといっても過言ではありません。物を買うにせよ、公共サービスを受けるにせよ、電話をかけるにせよ、電子メールを送るにせよ、それらを背後で支えているのはコンピュータシステムです。
コンピュータの業界関係者やその構築・運用を担う者にとって、災害復旧(ディザスターリカバリ対策)は古くからあるテーマですが、特に昨今は、事業継続の観点で、コンピュータシステムを含めた事業継続計画(BCP)の策定やその運用が求められています。
本書は、筆者の豊富な経験や知識をもとに、災害復旧対策を考え、進めていく上でのヒントが、簡潔にわかりやすく書いてあります。ご自分の勤める会社で、これから事業継続について検討する立場になった方や、情報システムの観点から事業継続を勉強したい方に、ぜひお薦めしたい1冊です。

DRのガイドライン

小職自身IT関連に従事して20年以上になりますが、そんな中DR(Disaste Recovery)の重要性と商品提案をしてきましたが、提案者自身が言葉に躍らされてその本質を十分に理解できなかっ多様に思いもどかしさを感じていました。日経新聞の広告を見て直ぐに購入しました。予想以上の内容で目から鱗が取れた思いでした。
是非周りの人にも紹介したいと思いました。

IT業界長いだけで生きている外資系企業勤務者



ダイヤモンド社
ディザスタリカバリ入門―災害時のシステム復旧とその対策 (トムソンセキュリティシリーズ) (トムソンセキュリティシリーズ)
危機管理対策必携 事業継続マネジメント(BCM)構築の実際
実践事業継続マネジメント―災害に強い企業をつくるために
事業継続計画(BCP)策定ガイドライン―高度IT社会において企業が存続するために
事業継続マネジメントBCMを理解する本―やらなきゃならない!