現場の変革、最強の経営 ムダとり



キーワードでわかるリースの法律・会計・税務 3訂版プロフェッショナル仕事の流儀 10 (10)派遣ライフがハッピーになる5つのSTEP小さな飲食店真実の店長バイブル―集客と人材マネジメントの新常識プロフェッショナル 仕事の流儀〈6〉現場の変革、最強の経営 ムダとり欲しい社員を無駄なコストゼロで採る方法新入社員が劇的に成長する3か月プログラム―このやり方で人間力が高まり、自ら考え行動できる人になる学校に行かなかった私たちのハローワーク会社が変われない本当の理由―TOC思考プロセス実践ストーリー


現場の変革、最強の経営 ムダとり
現場の変革、最強の経営 ムダとり

ジャンル:
セールスランク:45308 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 160 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

最後に精神論一辺倒になってるのが残念

一時期流行って、TVなどでも取り上げられた『ムダとり』。
セル生産方式などを産み出しました。
でも、今日ではかなり浸透している手法ですし、
やはり無料で教えられることには限度があるのか、
最後の方はもう精神論というか経営に関する持論の展開に
流れていってるのが残念です。
ものづくりを身近に感じるきっかけに

 日本の経済を成り立たせているものは、金融でもなく、農業でも
なく、芸術でもない。「ものづくり」である。
 しかし、ものづくりの現場というのはあらゆるフェースにおいて
「ブラックボックス」であり、そこで行われていることの現状を知
らずして、意思決定がなされていくことが多々ある。

 本書は、ものづくりの現場で行われていることを、普段工場という
ところには足が向かわない人を含めて多くの人に、リアリティーを
もって伝えることに成功している。

 著者は現場をよく知っていながら、現場だけしか知らないというこ
とではなく、さらに上位のレイヤーから物事を見ておられる。

 なんでこの出版社からこんな本が?と思ったが、この本が出版され
た意義は想像以上に大きいと思う。
50ページぐらいの内容

具体的なムダとりの方法について書いてある前半については実践的で役に立つかと思いますが、他の部分についてはトヨタ生産方式の7つのムダを3つに整理しなおしているなど興味深い点もあるがほとんどは生産での手法を安直に総務などに応用すべきだとか職人芸的な製品が市場で勝利するというような根拠が薄い信念のような記述が多く好感が持てない。せっかくなら一人屋台方式に移行するにあたっての前提となる用件などの記述があればよかったのではないか。また、常識破りのものづくりとかなり重複しており改めてこの本を出版したことには疑問がある。
製造業向けの域を出ない・・・?

 目次を読んで、広くビジネスマンに向けたトヨタ生産方式を活用した指南書と期待して、手に取りました。

 トヨタ生産方式の説明に留まらず、オフィスにいるホワイトカラーに対しても、「ムダとり」の余地があることを示唆しています。その示唆の内容は、従来から言われていることが多く、またトヨタ式ならでは・・・という点はあまりないように思いました。

 生産技術や生産工学、トヨタ式などは、繰り返し行われる作業や仕事(いわゆる大量生産やルーチンワーク、マニュアル作業)のムダを最小限にし、問題や改善余地(得てして効率化)があればその場の作業を止めることも厭わずに改善していくことにより、その精度が向上し、さらに求められるスピードで対応が可能になる「経験による技術」なのだと思いました。

 本書は製造業におけるものの見方考え方を示している点では有益です。しかしオフィスワーカーに対する示唆に関しては、当然役に立つ内容ではありますが、言い古されていることが多いように思いました。 
「ムダ取り」から「ムダ」を取り除きたい!

幻冬舎のタイトルのネーミングのよさに感心します。
「ムダ取り」
これだけで、なんか組織が、仕事が、体がすっきりするような秘訣がこの本に書かれているのかと思ってしまいます。

実際に読んでみると、データや知識や常識で判断するのではなく、現場を見て、人を見て、体験して自分で何をすべきか考えなければならないというのがこの本の主張であると思いました。この点は説得力があります。

ただし、このシンプルな主張のために、ムダな記述が多いのがこの本の欠点です。他の人も指摘していましたが、ムダを省いて、もっと薄い本にすれば、さらによかったと思います。この点は、幻冬舎の失敗ではないでしょうか。



幻冬舎
常識破りのものづくり (NHKスペシャルセレクション)
図解 ムダとり―トヨタ生産方式のすべてがわかる
「こうすればムダが見える!」ワークブック
改善魂(トヨタ生産方式)を求めて
ズバリ現場のムダどり事典―トヨタ生産方式の実践哲学