プロフェッショナル仕事の流儀 10 (10)



キーワードでわかるリースの法律・会計・税務 3訂版プロフェッショナル仕事の流儀 10 (10)派遣ライフがハッピーになる5つのSTEP小さな飲食店真実の店長バイブル―集客と人材マネジメントの新常識プロフェッショナル 仕事の流儀〈6〉現場の変革、最強の経営 ムダとり欲しい社員を無駄なコストゼロで採る方法新入社員が劇的に成長する3か月プログラム―このやり方で人間力が高まり、自ら考え行動できる人になる学校に行かなかった私たちのハローワーク会社が変われない本当の理由―TOC思考プロセス実践ストーリー


プロフェッショナル仕事の流儀 10 (10)
プロフェッショナル仕事の流儀 10 (10)

ジャンル:
セールスランク:178007 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,050 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

編集者、コンビニ経営者、玩具企画開発のプロフェッショナル哲学が凝縮

 本書は、NHKの「プロフェッショナル:仕事の流儀」から3人の出演者をピックアップし、出演者の仕事からプロフェッショナルとは何かについてケース・スタディを提示している。10巻では、編集者(石原正康)、コンビニ経営者(新浪剛史)、玩具企画開発(横井昭裕)の3分野から第一線で活躍している人物にスポットを当てている。
 本書は、原則として1つの項目を2ページに凝縮している。さらに、項目ごとにQ&A形式を採用しており、項目の最後には出演者の哲学を一言でまとめている。加えて、仕事ぶりの紹介、ターニングポイントとなる挫折の経験、そして現在直面している出演者の課題という3点を4?6ページでエッセイ調の文体で記述している。

 本書に関する基本構成を踏まえた上で、以下ではプロフェッショナルとは何かという問いに対する出演者の回答を紹介する。業界が異なるので求められる要素は異なると思うが、仕事としての基本は変わらないので、読み手の心次第でいくらでも応用できるのではないだろうか? なお、印象に残った言葉はblogにて紹介している。

○プロフェッショナルとは
・「自分の言葉で仕事をすることって大事だと思うんですよね、借りてきた言葉ではなくて。うまくいかないときに、裸になって自分の言葉で人に接していく。それができることがやっぱりプロフェッショナルではないでしょうか」(石原正康)
・「信じたことを、常にブレずに率先してやる人。そして自分の信じていることを体現する。それがプロフェッショナルだと思います」(新浪剛史)
・「素人が1000人集まっても1人の人にかなわない、その1人の人がプロだと僕は思っています。圧倒的に力の差があるという、その技量、ノウハウを持った人がプロフェッショナルです」(横井昭裕)



日本放送出版協会
プロフェッショナル 仕事の流儀〈8〉
プロフェッショナル仕事の流儀 12 (12)
プロフェッショナル仕事の流儀 11 (11)
プロフェッショナル仕事の流儀 (9)
プロフェッショナル 仕事の流儀〈6〉