なぜか日本人が知らなかった新しい株の本



新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ウィザード・ブックシリーズ)価格はなぜ動くのか 金融マーケットの謎を解き明かすスティグリッツ早稲田大学講義録 グローバリゼーション再考 (光文社新書)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)外国為替トレード 勝利の方程式なぜか日本人が知らなかった新しい株の本賢明なる投資家 − 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法知識ゼロからの外貨投資入門 (PHP文庫)株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす投資苑 − 心理・戦略・資金管理


なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

ジャンル:
セールスランク:4586 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,575 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

すごく良い!

ここまでわかりにくい「株主価値」「企業価値」というものを、ここまで簡単に、わかりやすく解説している本はほかにない。
外資系が利用しているDCF法など、MBAなどで学ぶ手法の概略を知る上では必須。
また、よりよく理解したい人は、とにかく、山口揚平氏のホームページにアクセスしてみると参考になります。
氏の考え方が非常にわかります。
http://www.shares.ne.jp/shares/summary/summary01.html
買うんじゃなかった

業績無視の今のこんな相場ではこの本の手法なんて通用しない。理論価格を考えすぎて売る時期を逃してしまった。何十マンにもなった(損が)本である。株式投資には波の大きさ、種類、いろんなものを読んで波乗り名人にならなければならない。理論だけでは市場は動かない。
何じゃこのタイトルは!?

バリュー投資を丁寧に解説した本。
理論だけでなく、データの入手先を含めて実例もあるので、
電卓片手に計算できる。

週刊ダイアモンドZaiでは、これに事業の特性を加えた連載をされています。
こちらも実際の企業比較がありわかりやすい。

でもね、何じゃこのタイトルは?と思いました。
日本語として変。どこで切ったら良いか分かりにくい悪文の典型のようなタイトル。
発刊当時はこのような仰々しいタイトルのつけ方が流行っていたから仕方ないかもしれないけど、
普遍的なものを扱っているにもかかわらずタイトルだけ流行の週刊誌みたいになってしまったのは、
ある種の気の毒と画龍点睛を欠いているのとを感じずにはいられない。
初心者向けのバリュー投資解説

 大変わかりやすく書かれており、各章ごとのまとめや解説図の掲載などスッキリさを意識した構成には好感がもてます。

 内容としては中・長期向けのバリュー投資の入門であるためバフェットやグレアムなどの本をある程度読んでしまっている人にとっては得るものは少ないと思われます。


 最初の章は宝くじや外貨預金、不動産などと株式の比較から始まっており、初心者も少しずつ納得しながら読み進めることができる優しさのある1冊であると感じました。
腰を据えて株をしたい人が最初に読む本

確かに、タイトルと中身がずれています。

しかし、仮に間違った期待をしてこの本を手に取ったとしても、後悔はしないと思います。なぜならば、ここで説明されている内容を本質的に理解している人はプロを除けば殆どいないと思われるからです。

著者が運営するサービスのキャッチコピー「『すぐに儲かる』から『一生続ける』」を目指すような投資家にとっては本書の内容は必須の知識です。

【こんな人にオススメ】
●チャート分析に疲れた人
●企業価値評価って言葉に惹かれるけど難しそう、と思っている人
●投資を気楽に勉強したいけど「○月で○万円儲かる」系はちょっと・・・、と思っている人



ランダムハウス講談社
株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術
現役大学教授がこっそり教える 株式投資「必勝ゼミ」
MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA) (日経BP実戦MBA)
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
普通のサラリーマンでも15年で2億円作れる! 週末の3時間株投資で、8年間負けなし。年率平均26%







     FX 初心者