価格はなぜ動くのか 金融マーケットの謎を解き明かす



新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ウィザード・ブックシリーズ)価格はなぜ動くのか 金融マーケットの謎を解き明かすスティグリッツ早稲田大学講義録 グローバリゼーション再考 (光文社新書)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)外国為替トレード 勝利の方程式なぜか日本人が知らなかった新しい株の本賢明なる投資家 − 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法知識ゼロからの外貨投資入門 (PHP文庫)株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす投資苑 − 心理・戦略・資金管理


価格はなぜ動くのか 金融マーケットの謎を解き明かす
価格はなぜ動くのか 金融マーケットの謎を解き明かす

ジャンル:
セールスランク:2386 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

リサーチデザインが意味不明

実証をやってるのは理解できるが、リサーチデザインが意味不明。
仮説が何で、それを検証しようとしているわけではない。
マイクロストラクチャーとはなんなのか、はわかるが、謎を解き明かすは、
言いすぎですね。値段と内容が釣りあっていないと思いました。
電車で気楽読み

通勤電車の時間内でも、一つ一つが独立したテーマで完結に書いてあるので、好きなところを選んで気楽に読めました。ここ数年の「あったよね?」という出来事を取り上げて、そこでどういう事が起こったかのか、読み取れるか、が分かりやすく書いてあると思います。親しみやすさ+数字の資料で、金融初心者でも、よく知ってる人でも興味深く読めると思う。
マーケット参加者に必見の一冊

難しいことを、簡単に説明することは本当に難しいのですが、この本を読めば価格の仕組み、市場のメカニズムが簡単に分かってしまう、そんな一冊です。その理由は、著者たちが学者でなく真のマーケット参加者で、かつ素晴らしいアカデミックなバックグランドをお持ちだからでしょう。

昨年夏にサブプライム問題が台頭したとき、ほとんどの金融関係者、マーケット参加者が楽観的でいまごろ頭を抱えていると思いますが、この本で、価格のメカニズムを勉強しておけば、相場の先行きも分かったはずです。出版が今年で残念でした。

マーケットが、ますますグローバル化し、クロスマーケット化し、エクゾチック化して、価格の行方が掴みづらくなっているなか、この本は、マーケット参加者の羅針盤となると確信しています。
市場を広く深く知りたい人のための本

幅広い市場について、豊富なデータで裏付けられた客観的で、かつ、実務に即した詳しい解説がなされています。「マーケット・マイクロストラクチャー理論」とあるとおり、理論的です。一方で、第一線の市場関係者が参加しておられるようで、実務的で役に立つ内容になっています。しかも、書き方がわかりやすく、市場をあまり知らない人も読めます。
市場関連の仕事をしている人にも、市場関連の仕事をこれからしたい人にも、おススメです。
「価格はなぜ動くか」とありますが、中長期投資で儲けたい人にとって、価格を予想するための情報はあまりないと思います。但し、投資家としての教養が高まり、日々の「雑音」的な情報に振り回されることなく、自分の分析に専念できるようになる効果があるでしょう。

タイムリーなマーケット実況本

哲学的・経済学的なアカデミック本かと思いきや
トレーダーや市場関係者を中心とした執筆者たちによる
タイムリーなマーケット実況本なのでした。

私もマーケットディーラーの一人であるが、現在、
どのような材料でマーケットが動いているのか
きちんと書いてあるのは驚いた。
(往々にしてこのような本は理論先行で、
 市場の機微には通じていないものだが)

LBOやCDS、OISは言うに及ばず
ABCPやVIX指数にまで触れているのは満足の一冊。




日経BP社
個人投資家がマーケットで勝てない本当の理由―ファイナンス理論が証明する投資の真実
ネットで調べる経済指標
アメリカ経済がわかる「経済指標」の読み方 (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ)
最新金融工学に学ぶ資産運用戦略
ゼロからわかる金融・証券のためのビジネス数学 2版