モテる話術



恋と出会いを呼ぶ風水生活Merry‐go‐round―出会い・別れそして新しい出会いの回転木馬出会い系サイトでめぐりあった負け犬と捨て犬出会いのラブ・ストーリーベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)一瞬で人生が変わる!「自分のルール」の作り方 ~ハワイ在住No.1コーチが教えるワークライフバランス25の方法~モテる話術あきらめきれない彼を手に入れる恋愛の極意―2人の関係に奇跡が起きる!女性100人に聞いた「魅力ある男」の条件―何が彼女の心を動かすのか? (王様文庫)女性の品格 (PHP新書)


モテる話術
モテる話術

ジャンル:
セールスランク:726 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,470 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

これは最高におもしろいね。

『モテる技術』がおもしろかったので、こちらも読みました。
いちいちもっともな事が書いてあって参考になる
人生に対してめっちゃ熱い語り口だ。
こんなにもモテに対して熱い口調で書かれた本はないだろう、
それが科学と統計の国アメリカから来た本だっていうんだから、また面白いね。
日本男児として、ワタシも熱く生きますよ。
女性にモテるではなく、女性と話すための本

ぶっちゃけ、彼女が欲しいとか、
モテたいとかいう目的でこの本を読んだ。

結論から言うと彼女も出来たし、
そこそこモテるようになった。

一年くらい前に購入。
それから実践してる。
似たような本も十数冊読んできたが、その中では一番いい。

ただ、タイトルが気に入らない。
「モテる技術」の原題は「How to talk to women」
でありニュアンスが違う。
モテるという表現は本書の内容と違和感を感じる。

女性とうまくいくには会話が最も重要だとつくづく思う。
女性と接することに慣れている人とかはいいけど
まったく女性に免疫のなかった僕のような人にはありがたい本。

とにかくこの本に書いてあることを少しずつやり過ぎないように使っていけばなんとか会話は続く。
最初はぎこちない
しかし慣れると自然に落ち着いてやれる
そして女性との会話が本当に楽しい!

普通、人に質問をしたりするのはためらったりするんだけど
どんどん聞いたほうがいい。
実践してみてすごく実感した。
もちろん注意する点はあるけど。
そこらへんは本に書いてある通り。
モテるモテないは別としても、人として仲良くなれるのが素晴らしい。

参考例に関しては他のレビュアーの人たちも書いてる通り、そのまま使うと痛い。
だがその突っ込みは問題じゃない。
この本がすごい理由、他の本と一線を画するのはまさにそこ
実際に起こった例を参考に説明をし、当事者が文を書いているのがいいところなのだ。
一次資料的価値がある。
つまり信頼できる本だって事。

この本にはすごく感謝してます。



役立つ

買ってずいぶん経ちますが、いまでもパラパラと開いては読み直しています。
内容が面白いですよ。
後半の方はちょっと会話のスタイルが合わないかもしれませんが、前半7章くらいまでの
メンタル面や気持ちの心構えなんかは本当に恋愛だけじゃなくて人生で役立ちますよ。
人間として成長できます。まず男である前に人間としてできてなければもてないとおもいます。
人間ができればそれだけ注目も浴びるしもてるようになるとおもいます。
笑い話として読んでいる分には面白いが…

はっきり言おう。これは「モテる」ための本ではない。
なぜなら、この本の要点は2つにまとまってしまうからだ。
1) 相手をよく観察しながら話そう
2) 駄目だったら、とっとと次の女に移動しろ

1 のポイントは確かにモテるための技術かもしれないが、2 は…「雨乞いの理論」じゃないか(雨乞いの理論: 雨乞いは雨が降るまでやめないので、必ず雨が降るか、皆死んでしまう)。

というわけで、トーク例は笑えて面白いが、それ以上のものじゃない。

とはいえ、これは実施する意味はある。というのはモテナイ人のトークは重い。2 の結果、軽さを身につけると、トークが軽くなり、それがよい結果をもたらすことは多い。

というわけで、参考にするべきではあるが、参照するべきではない本。
「モテる技術」を先に読みましょう

とにかく、
『モテる技術』を先に読んで、
補強として本書を読みましょう。

本書に書いてあることの10%でも実行できれば、
アナタは確実にモテる用になります。

ちなみに、『モテる技術』と『モテる話術』の内容通りにして、

6人の女性をGET

しました。



イースト・プレス
愛させる技術 (SHO-PRO BOOKS)
後藤芳徳の「モテる!」成功法則 (講談社プラスアルファ文庫)
確実に女をオトす法則
「裏モテ」の秘策―女のためなら手段選ばず!
モテる男の会話術